ACマスターカードは即日発行できる!

■最短即日 早い対応が可能なクレジットカードはACマスターカード

最短で即日発行が可能なクレジットカードとして有名なものがACマスターカードです。消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードであり、提携している店舗や無人機も多いことから即日発行に対応してくれることも多く、なるべく早くクレジットカードを発行してほしいという方にはおすすめのクレジットカードの1枚です。また、クレジットカードを早く発行してもらうために必要となることの多い店舗へ出向いてでの受取であっても営業時間が朝早く夜は遅いため行きやすいというのも嬉しいポイントとなっています。
公式Webサイトには最短で即日発行が可能で、審査結果は最短で30分で回答となっています。かなり早いスピードで対応してくれるクレジットカードの一つだと思います。実際に私の周りで利用している方から話を聞いたこともありますが、申し込んでから1時間もしないうちに審査結果の連絡と、その後の対応方法について電話連絡が来たとのことでしたので実際に素早い審査をしている会社だと思われます。
早いクレジットカード発行に拘るのであれば、できるだけ営業時間内に申し込んでおいたほうが審査が早くなる可能性が高いです。営業時間の終了直前だと内部的には受付が終了しているといった可能性もありますので注意が必要でしょう。また、確実に審査に通る自信があるのならば無人機や店舗に直接出向いて行ったほうが手続きが早くなるようです。審査にはどちらにしろ30分程度必要とは言われていますが、もし何かしらも問題や追加での書類提出が必要となった場合でも事前に準備しておけばそれを提示するだけですので電話を受けるなどの時間を短縮することも可能です。無事に審査が取れば無人機があれば無人機から、対面式の店舗であればスタッフから手渡しされますのでさらに時間の短縮に繋げることができます。ちなみに、店舗での申込みの場合には申込用紙を手書きしたりする必要があり時間がかかりますので、総合的に見ればまずはインターネットから必要事項を入力して申請した方が良いのでは無いかと思います。

クレジットカード自体はMasterCardブランドであり、使い勝手に困ることはまずありません。年会費も無料ですし急にクレジットカードが必要となった方に対しては嬉しいポイントだと思います。支払い方法に関しては口座引き落としのみならず、専用のATMやコンビニATMからの支払いも出来ますので支払えるときに支払っておきたいという方にもおすすめできるものとなっています。

■JCB EITカード

あまり聞き慣れないクレジットカードかもしれませんがJCBが発行しているクレジットカードのなかにJCB EITカードというものが存在しています。こちらのクレジットカードは年会費が永年無料で初回手数料無料のショッピングリボ払い専用のカードとなっています。初回のみ手数料が無料ですが、毎月元金を超えないように利用するか支払金額を変更することによって実質的に1回払いのクレジットカードと同様に利用することもできます。ネットショッピングが多い方向けに提携しているポイント優待モールも存在していますので、クレジットカードの性能としても申し分はありません。また、カードのデザインも綺麗なものが多く見た目をクレジットカードに求めるような人でも使える1枚となっています。

申込方法ですが、他のJCBが発行するクレジットカードと同様に基本的にはインターネットからの申込みをおすすめしています。インターネット以外からの申込みでは郵送や審査に時間がかかりやすいのはどこのクレジットカードでも同じですので、JCBも例外ではなく早くクレジットカードが欲しいのであればインターネットから申し込みをするようにしましょう。審査はJCBのクレジットカード共通で即日終わることはあまり聞くことがありません。基本的に営業時間内に申し込みをしても翌営業日に結果がわかると思っておいた方が良いと思います。営業時間外での申込みは2営業日先になる可能性もありますので、その点は注意が必要です。特に金曜日の申込みではクレジットカードが発行されるまでの早さに差が出てしまう可能性があります。

審査1-2営業日程度で管理すればあとは郵送を待つだけですので、郵便事情に左右されると言っても過言ではないでしょう。私がリサーチした感じでは、審査結果の連絡が来るのは少し時間が掛かるものの審査に通っていればその間に発送の手続き等を並行して着手しているような形跡があるようです。そのため審査に通っていれば実質最速で結果が届く2営業日目には発送がされており1週間以内という早い段階でクレジットカードが手元に届くようにはなっているようです。

クレジットカードの申込みの際にキャッシング枠に気をつけないと審査に時間が掛かるなどの注意点があるのですが、今回したクレジットカードはショッピングリボ専用カードですのでこういった問題は発生しません。キャッシングが付帯されてないため収入証明の提出はほぼ無いとは思いますが念のために用意しておくに越したことはないでしょう。

■JCBオリジナルシリーズ

日本で唯一JCBが発行しているプロパーカードがこちらのJCBオリジナルシリーズです。JCBはJCB EITというカードも発行はしていますが、こちらは条件付きのクレジットカードですので今回は別物として考えたいと思います。こちらのクレジットカードもプロパーカードながら審査は最短即日、郵送も最短翌日発送の手元に届くのが早いクレジットカードの一つとなっています。

申込みはインターネットから24時間可能となっています。インターネット申込みは可能とはなっていますが、自動審査の対応は営業時間内のみ対応している可能性もありますので深夜の申込みなどでは少し結果が出るまでに時間が掛かるかもしれません。JCBの提携カードは審査に1営業日必要とすることが多いのですが、こちらのプロパーカードに限っては即日審査の対象となっているようで素早い発行が期待できるものとなっています。発行が早いというのは嬉しいポイントには違いないのですが、しっかりと国際ブランドとしても名高いJCBのクレジットカードですので緊急時のみならず長い目でメインカードとして使用するにも全く問題が無いものとなると思います。

JCBカードは最近話題のApple Payにも対応しているなど使い勝手がよいクレジットカードとしても有名です。クレジットカードのメリットはそのままで簡単に安全な方法で支払いが出来るApple Payを利用すれば今なら10%キャッシングを受けれるキャンペーンも行われており、急にクレジットカードが必要ではないにしてもすぐに発行されるのであればこちらに切り替えておこうかなといった方にも利用してもらいたいという思いもあります。

クレジットカードを早く発行するためにインターネットから申し込むのはもはや常識のようになってきましたが、利点はそれだけではなく通常1250円の年会費が初年度無料になるという特典まで付いてくるようになっています。発行時間が早くストレスフリーなだけではなく、プロパーカードとしては避けて通れない年会費の支払いも1年だけではありますが無料になるのならば利用者に取って嬉しいことこの上ないですよね。

キャンペーンを活用すれば発行が早いのに加えてボーナスポイントも多く付与される場合があります。JCBのポイントはそのまま使うだけではなく、提携しているサービスとの交換率も悪くはありませんの素早く発行できるメインカードとして是非使用してもらいたいと思います。

■MUFGカード

三井住友カードと並んで銀行系のクレジットカードであるのがMUFGカードです。三菱UFJフィナンシャル・グループに属している三菱UFJニコスが発行しています。こちらのクレジットカードの発行早さの驚く点としてはクレジットカードのランクによらず早い審査の対象になっているということです。具体的にはイニシャル・ゴールド・ゴールドプレステージ・プラチナの4種類が対象となっています。ゴールドカードでも早い発行に対応してくれているクレジットカード会社は少ないのですが、なんとMUFGカードに関してはプラチナカードまでもこのような対応をしてくれる数少ないクレジットカード会社の一つです。

MUFGカードの基本的な入会時情報は以下のようになっています。
・国際ブランド
VISA/MasterCard/JCB/AMEX に対応
・年会費
1250円~ (初年度無料、条件を満たすと年会費の優遇処置があり)
・入会時の特典
入会後の利用料金によっては商品券などがプレゼントされる場合がある

クレジットカードをいち早く手に入れるためには幾つかの条件があり以下のようになっています。
・選択する国際ブランドによって審査時間の差がある
概ねどこのクレジットカード会社も同じような審査時間なのですが、VISAとMasterCardは即日審査完了に対応しています。JCBに関してはどこのクレジットカードを利用しても審査には最短2営業日必要とされています。アメリカン・エキスプレス・カードに関してはどこかに記載されている訳ではありませんが審査には3-4日程度掛かることが一般的だと感じています。クレジットカードをいち早く取得するためにはよほど国際ブランドにこだわりがない場合はVISAやMaterCardといった即日審査に対応しているブランドを利用した方が早くクレジットカードが手元に届くでしょう。
・オンライン申込みの際に引き落とし口座を設定する必要がある
他の発行が早いクレジットカードにもある特徴ではありますが、オンライン申込みを利用する際にクレジットカードの引き落とし口座をインターネットから設定する必要があります。対象となる銀行は三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行となっておりこれらの口座を持っていてインターネットから設定出来ることが必須の条件となっています。この条件を満たせない場合には紙媒体で引き落とし口座を設定する必要があり、発行までの時間が長くなってしまいます。

■VIASOカード

VIASOカードも三菱UFJフィナンシャル・グループの系列企業である三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードです。そのため大まかな審査の流れや早さというのはMUFGカードと変わらないと思っていただいて問題ありません。即日審査が完了して最短であれば翌営業日中にはクレジットカードの発行が終わる比較的早いスピードで処理してもらえるクレジットカードの一つです。
MUFGカードには申込みの際にクレジットカードの引き落とし口座を設定しなければ早い発行に対応してもらえないというネックがありましたが、こちらのVIASOカードでは引き落とし口座に関する制約がありませんのでその分幅広い方に早くクレジットカードが発行できるようになっています。逆にMUFGカードで審査期間を短くするために口座登録を必要としていた、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、そして三井住友銀行の口座を持っていたとしてもその点において審査が早くなるということは残念ながらありません。どの口座を利用していても総じて早いとの認識が良いでしょう。

VIASOカードの基本的な入会時情報は以下のようになっています。
・国際ブランド
VISA/MasterCard に対応
・年会費
無料
・入会時の特典
入会後の利用料金によってボーナスポイントが付与される

最短発行には条件があり、営業開始時間の9時までにインターネットでの申込みが必要となります。営業時間は恐らく午前9時から午後5時といった一般的な形態だと思いますので、午後5時以降に申込んだ場合は翌日から起算して早い段位でクレジットカードの発行が受けれると考えるのが良いでしょう。営業時間後ももちろん受付はしていますが、先程も述べましたように営業時間外に申し込まれたものの審査などに対応している可能性がありますので、当日の申し込み時間によっては翌日に回されてしまう可能性もあります。その点はクレジットカードの発行状況や会社の人員状態など私たちには分からない世界での都合が関わってくると思いますのでおおよその目安としておくのが良いと思います。

クレジットカードの発行に必要な本人確認も書類の提出や電話確認ではなく、郵便の受け取り時に本人確認をされるタイプとなっています。このような本人限定受取郵便を利用した本人確認は「楽天カード」などにも取り入れられていますので最近では一般的な手法となってきた印象があります。書類のやりとりなどには時間が必要となってしまいますので早くクレジットカードが必要な方にはこのような受取の際に身分証明書を提示するタイプの方が手間が少なくて嬉しいですね。